山口てんげ進学塾は、山口市天花と湯田に教室のある学習塾です。

塾の概要

ごあいさつ

山口てんげ進学塾のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当塾はH25年11月に発足し、お陰様で4年目を迎えました。
その間、2教室体制(湯田・天花)に展開するなど地域の皆さまのお役に立てるようにと頑張ってまいりました。「合格実績」や「定期テスト順位」のアップへの取り組みは当然のこと、大手学習塾ではなかなか対応が難しいと思われるご要望等についても、できる限りの対応を心掛けております。

個人経営で創業してまだ4年目ですから、教室も『街中のビルの一室』という訳にはいきませんが、皆さま方のご理解を得ることを通じてこつこつと塾運営に携わり、これまで同様、お子様の合格実績を伸ばすことを第一に考えてまいりたいと思っています。

是非、個別に当塾のご説明をお聞き下さり、またご要望もお聞かせくださいませ。よろしくお願いいたします。
 
塾長 三浦 孝二
 

山口てんげ進学塾概要

屋号山口てんげ進学塾
所在地(天花教室)〒753-0091 山口市天花(てんげ)2-1-16
(湯田教室)〒753-0822   山口市周布町(すふちょう)3-41シテヴェールA‐202(ご連絡はお電話、メールにて)
責任者三浦孝二
電話番号090-5185-2622
FAX番号083-922-5589(天花教室・湯田教室共通)
ホームページアドレスhttp://y-tenge.com/

落ち着きのある和の佇まい
 
 

地図はこちら

指導内容


天花教室の看板
  1. 学校の定期テスト対策
  2. 志望校の入試対策
 

当塾の指導における教育方針

 現在進学塾の指導方式には大きく分けて、(1)集団授業方式 (2)個別指導方式があります。
当塾は両者の長所を採り「少人数制集団授業方式」を実施します。

 したがって授業は講義形式で行い、塾生には「緊張感」や「ライバルとの競争心」を持ってもらいつつ、講師は個人個人の「理解度の把握および弱点補強」「細かいアドバイス」「質問し易い環境づくり」などを常に念頭においた授業(教室運営)を実行します。その中で、『学ぶ楽しさ』『学ぶ習慣』を実感、身に付けさせ、成績のアップを図りたいと思います。1クラスを『4名構成』としたのもそうした理由からです。

 そして講師による具体的指導も、一方的な授業ではなく「自らやってみせ、やらせてみる」双方向の授業を実践します。通常「双方向の授業」とは、上述のとおり、教室が塾生の質問し易い雰囲気となっているか、あるいは講師の塾生に対する関わり方が積極的であるか等、広い意味での『風通しの良い環境であること』を意味しますが、ここでは、「あの人はどうやってこの難しい問題を解いているのだろうか」という塾生の現実的な興味にスポットを充てます。例えば、多くの塾生が苦労する『(国語)論理的文章読解問題』や『(英語)長文読解問題』の「正解にたどり着くまでの行程」をドキュメンタリータッチで目の前で塾生に見せる役割を講師に負ってもらいます。1題の長文の制限時間が20分間であれば、実際に20分を掛けて、「正解に向けて、頭の中で次から次へと考えていることを口に出してもらい、答えを見つけ出し、そして制限時間内にピタッと終わる。もちろん全問正解!」であれば、見ている塾生からは自然に拍手が湧くことでしょう。「なるほどあのような手順で考えるのか」と『目からウロコ』でしょう。これが「自らやってみせ、やらせてみる」という双方向の授業の原点であるはずです。(もちろん時々間違うこともいいことです。何故間違ったのかが周囲に共有化できればさらに良い授業になりますね)

 そして我々は塾生の「学力の高度化」を目標に掲げると共に、「分かるまで教え続ける」という粘り強い姿勢も大切に持ち続けたいと思っています。
塾長 三浦 孝二